輸入クラシックLP専門店 「ベーレンプラッテ」 店主が海外現地より入荷した、貴重なLPを販売。

お電話・FAXでもご注文承ります。 
 tel.03-5429-9025 fax.03-5429-9026

お客様の声

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

盤質、very good! ベーレンプラッテさんありがとうございます。

グリュミオーの少し翳りのあるヴァイオリンが大好きです。特にバッハのヴァイオリン協奏曲は以前も愛聴しておりました。

ありがとうございます。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

非常に音質が良くびっくりしております。ベーレンプラッテさんありがとうございます。握手・握手

2種のゴールドベルクは言わずと知れたグールド・ファンにとって因縁の演奏ですね!このような良い環境で聴かせていただき感謝です。金子さんありがとうございます。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

最高の盤質。いうことなし。

グールドの独CBSのレコードは音質が良くグールドの演奏をさらに引き立てているような気がしております。昔聴いていた日本で発売のLPレコードとはかなり違う印象です。

話は変わりますが、金子さんの日記とても興味深く、楽しく読ませていただいております。ギーゼキングについても参考になりました。これからも期待しています。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

いうことのない盤質。ベーレンプラッテさんありがとうございます。

大フーガというのはベートーヴェンの大いなる冒険。楽章として採用はされなかったがその新規性には脱帽。ベートーヴェンのベートーヴェンたる由縁であろう。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

盤質は言うことがないです。ベーレンプラッテさんありがとうございます。

愚直なまでに真面目な演奏。もう少し楽器による不整合やずれがあっても良いのではないだろうか。しかし、ベートーヴェンの初期やラズモフスキーなども聴いてみたくなる演奏である。

ベーレンプラッテさんでの再会を楽しみにしたい四重奏団である。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

非常に良い音質(盤)を提供いただき、ベーレンプラッテさんに感謝。

久々にアルバン・ベルクのベートーヴェンをレコードで聴いた。以前よりオーディオ装置の環境が良く満足。プリアンプ/EAR912に入っているフォノイコが私の感性に合っているようだ。(個人的なことを申し訳ありません)

この盤も生涯聴き続けるだろう!ベートーヴェンOp.131は音楽全作品の中で最も好きな曲目のうちの一曲です。

ベーレンプラッテさんありがとうございます。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月23日

ベーレンプラッテさんからの盤質は最高。
CDとレコードの相違の問題になる。オンド・マルトノの実物の音は聴いたことがないが、同演奏のCDと比べてオンド・マルトノの音が全く違う。それに伴い演奏を通じて受ける感覚も全く異なる。それにしてもLPレコードから醸し出される質量の大きさに圧倒される1枚である。(CDとは全く異なる印象)

今回5年ぶりにアナログ・レコードに回帰して、CDとはこういう演奏がなされたという記録・情報としての価値を持つものであり、音楽を鑑賞するという行為はレコードに限ると感じています。(全くの私見でありCDを楽しむ人々に対抗するものではありません!)

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月22日

1番・3番・9番を聴いた。ベーレンプラッテさんの盤質は最高に良い状態。

まず1番、大好きな曲。モーツァルトの最後の交響曲と時期がかぶるためか、モーツァルト的とか言われるが、断固としてベートーヴェンでしかあり得ない。ちなみに1番Op.21は私の誕生日1月21日と符号する(笑)。

私の目論見がズバリあたり、全曲にわたり超スローテンポ。やや、朝比奈隆を彷彿させる。ちなみに宇野功芳さんなら、「実に堂々とした演奏。他の指揮者にはブロムシュテットの爪の垢を煎じて飲ませたい。この演奏を凌駕出来るのはクナッパーシュブッシュぐらいだろう。」と論評するだろう(笑)。

交響曲第9番は第4楽章の眼目である
Seid umschlungen, Millionen!
Diesen Kuss der ganzen Welt!
Br〓der, 〓ber'm Sternenzelt
Mu〓 ein lieber Vater wohnen.
に向かうプロセスにあると考える。ブロムシュテットさんはその点をよく留意し、演奏されていると思う。「ザイト、ウムシュルンゲン、ミリオーネン」の歌唱が最高に輝いている。

全体的にスローペースでじっくり丁寧に演奏された全集であると思う。現在の「レコード芸術」誌(音楽の友社)では無印だろうけれど。

このような丁寧な演奏を1975年~1980年にされていたからこそ、今も輝くブロムシュテットさんがあるのだろうと推察いたします。

私としてはずっと聴き続けたい、大満足の全集でした。ベーレンプラッテさんありがとうございます。

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月19日

ベーレンプラッテさん。最高の盤質をありがとうございます。
アバド/アルゲリッチの演奏は数多(あまた)あるが、中でも好きな演奏の一つ。御多分に洩れず、アルゲリッチのマイペースに従うアバドの常識が好ましい。アバドは好きな指揮者のうちの一人です。高校時代のウィーン・フイルとのモーツァルト40番は今も鮮明に記憶に残っています。チケット2万円は当時の小遣い2ヶ月分以上でした。(大阪フェスティバル・ホール)

  • 藤井雅彦 様
  • 投稿日:2022年01月19日

クリーンメイトはレコードで音楽を楽しむ我々にとって必要不可欠なアイテムです。ベーレンプラッテさん、ご紹介ありがとうございました。
洗浄液は多目にレコード盤に落とし、贅沢に使った方が良い音になるような気がしています(笑)。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 新着LP追加日(午前10時から)

お探しのレコードが
見つかります。

新規会員登録で500ポイントプレゼント
安心の返品システム
発送について
今週の新入荷LP
先週の入荷LP
お客様の声

公式サイトへ
FAX注文用紙

ページトップへ