カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【LPレコード】 ワルター&ウィーン・フィルのマーラー/「大地の歌」ほか <完全限定生産盤> TALTLP045/046 2LP

【好評発売中】

<完全限定生産>
ワルター&ウィーン・フィルの
マーラー/「大地の歌」ほか
TALTLP045/046 MONO 2LP

ワルター&ウィーン・フィルのマーラー/「大地の歌」ほか

宇野功芳氏絶賛!「他の指揮者が束になっても適わない」
あのワルターの名盤がLP化。
夢にまで見た「大地の歌」と、謎が謎を呼ぶ「40番」!


 宇野功芳氏も絶賛の大名盤が遂にLP 化! このワルター& ウィーン・フィルの「大地の歌」は有名なデッカ盤(52年5月15-16日録音)の翌日、5月17日のウィーン音楽祭でのライヴ録音です。デッカ盤の録音はリハーサルを兼ねた2日間で行われたものなので、このライヴを聴いてこそ、初めてワルターの残した名演奏の全貌が分かろうというもの。カップリングは同日に演奏されたモーツァルトの40番。こちらもまたソニー盤(52年5月18日録音)の1日前の演奏という実に興味深いものです。ライナーノートには宇野功芳氏の貴重な解説文を掲載しています!そのほか楽曲解説と歌詞対訳も完備。
 「50年間、夢にまで見た52年ライヴ。涙が出るほど嬉しかった」「やはり生命力はライヴが上だ」「ワルターも絶好調、・・・他の指揮者が束になっても適わない」「とにかく聴いていて胸がわくわくし通し」「濃い味と、美しさと、苦しさと、雄弁な語りかけの連続だ。ワルターも、フェリアーも、ウィーン・フィルも。」(宇野功芳氏の『大地の歌』解説より)
 モーツァルトの40番は1日違いの録音であるはずのソニー盤と比べると演奏がずいぶんと異なり、宇野功芳氏も「考えれば考えるほど分からなくなる」謎の40番と解説しています。踏み込んだ推理が展開されるライナーノートは必読。当盤収録の演奏は、冒頭のすすり泣く極美のポルタメントはもちろんのこと、力強く立体的な音響が魅力で、第1楽章展開部の上声とバスが対位法的に掛け合う箇所の盛り上がりは凄まじいものがあります。
(キングインターナショナル)




こちらも併せてお楽しみください!!


【LPレコード】 ワルター&ウィーン・フィルのマーラー/「大地の歌」ほか <完全限定生産盤> TALTLP045/046 2LP

価格:

14,688円 (税込)

[ポイント還元 146ポイント〜]
購入数:

在庫

3枚

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

【曲 目】
 [LP1-A] マーラー/大地の歌 第1、2 楽章

 [LP1-B] マーラー/大地の歌 第3〜5 楽章

 [LP2-A] マーラー/大地の歌 第6楽章

 [LP2-B] モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550

【演 奏】
 ブルーノ・ワルター(指揮)
 キャスリーン・フェリアー(アルト/マーラー) 
 ユリウス・パツァーク(テノール/マーラー)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音日】
 1952年5月17日

【録音方式】
 ライヴ録音(モノラル)

【仕 様】
 国内プレス、日本語帯・解説付

ページトップへ